過払いって何?プロミスにもあった過払い金

cmでも聞いたことがあるかと思いますし、新聞や雑誌などの広告でも目にしたことがあるかと思います。
過払い金という言葉。
目にしたことがあってもそれがどのようなものなのかよくわかっていないという方も少なくはないかと思います。
過払い金というだけに余分に支払っている金額だということは想像がつくでしょう。
それでは何を余分に支払っていたのかと言えばそれは「利息」です。
現在はそのようなことはプロミスは当然のことながらほかの正規消費者金融ではあり得ることではありません。
いつ、どんな利息を、どのくらい。
それについてプロミスの店舗一覧を参考に簡単にご説明してみましょう。
現在は改正貸金業法によって、金利の上限は決められています。
金利が決められているということはすなわち、利息も限界以上を支払うことはないということになります。
貸金業法が改正される前、出資法と利息制限法でそれぞれが貸金業の上限金利を決めていました。
困ったことにその二つが定める上限金利は違いがありました。
20.0%を上限とするもの、29.2%を上限とするもの、これではどちらが適用されるのかわかりませんね。
本来であれば低い方である20.0%を適用しなくてはなりません、今は出資法も利息制限法も上限がそろえられており20.0%になっています。
そのため、上限金利20.0%を超えることは許されていません。
現在は上限金利が決まっていますので過払い金が発生することはありませんので安心して利用することができます。

関連記事